水虫の特効薬

ニンニクの効能効果は、実際に利用してみればすぐにわかる。まず、食べれば元気になる。あるいは、アリシンのもつニンニクの殺菌作用についても、抗生物質は種類によって使い道が限られているのに対して、ニンニクの場合はほとんどすべての細菌に効果がある。

その威力の一端は、特効薬がないといわれてきた水虫に試してみれば、納得できるはず。よく「水虫の特効薬を発明したらノーベル賞もの」といわれるが、実は現在、水虫の特効薬はないわけではない。ただ、効く薬はあるのだが、一発で完治できるのかといえばそうもいかない。

かなり根気がいる。普通は治りかけたところで、止めてしまうため「治った」と思った水虫が再発し、折角の特効薬が宝の持ち腐れとなってしまう一面もある。その頑固な水虫が「一発で治る」というのであるから、ニンニクはすごい。

実際にその効果を語る多くの証人もいる。長年、頑固な水虫に悩まされてきたある教授は、自らを実験台にニンニクで水虫を完治した経験を持つ。

以来、いろいろなところで「ニンニクによる有水虫撃退法」を紹介している。その方法は、

  1. 患部をきれいに洗っておく
  2. ニンニク一片をおろし金ですり下ろす
  3. おろしニンニクを患部に塗る
  4. そのまま10~20分ほど待つ
  5. 水でさっと洗い流してから、匂わないようにぬるま湯で石鹸を使ってよく洗い落とす

というものだ。水虫の進行度によって異なるが、塗った瞬間、ニンニクの刺激成分が染みて、かなりの痛みを感じる。授自身「耐えられないほどの痛みがあった」というが、普通はそれも1~2分で薄らいでくる。ただし、あまりにも刺激が強すぎて耐えられないようであれば、決して無理をせずに水で薄めて使用すればよい。

以上の方法で、1回で水虫を治してしまったが、よほど頑固な水虫でなければ1回で完治する。治療というには原始的で単純すぎるため、ややありがたみに欠けるが、賀教授お勧めの「特効薬」 である。

This entry was posted in 有効成分.