いつまでも元気でいるために

現代の高齢化社会の中では、不老不死とまではいかなくとも、いつまでも健康で美しくという前提での不老長寿をかなえないと、長生きの意味はない。

どんなに歳をとってもそれ以上は心がけしだいレというもの。これからの科学の大きなテーマの、つは、われわれの生活に身近なところでは健康と美容とともにある長寿である。

以前、TVで「これからの最大の成長商品は何でしょうか」とのインタビューに答えて、次のように述べていた。「われわれがいつまでも若く美しく健康で長生きできるものがあれば、それはまちがいなく成長商品になりうる」と。そして、こう続けた。

「残念なことに日本はおろか世界に、それに値する商品はいまだ出現していない」科学の最先端では、すでに老化遺伝子の存在が確認されており「モータリン(死の遺伝子)と名づけられている。

そして、寿命を持たない、つまり不死化した細胞にモータリンを導入すると、この細胞にもやがて寿命が訪れる。老化の研究に取り組んでいる専門家の1人は「私たちはモータリンが老化を誘導できる遺伝子であり、老化へ向かうスイッチの役割を果たしていると見ている」と語っている。

逆に「動物にあるのは、老化遺伝子ではなく、生まれたときから寿命を決定している寿命遺伝子だ」という研究者もいる。

キイロショウジョウバエには長命種と短命種があることから、交配実験によって寿命遺伝子を発見。この遺伝子の役割を探った結果「寿命タンパク」を見つけ出した。
この寿命タンパクを食べさせたマウスは、食べなかったマウスの1.8倍寿命が延びるという結果が出ている。

科学の最先端では、それがいい悪いは別にして不老長寿は決して夢ではなくなりつつある。

「遺伝子情報に基づく予防医学が実現し、その人の遺伝子に見合った健康管理ができれば、人間の寿命が200歳、300歳まで延びるのは、決して夢ではなくなる」とも語っている。200歳、300歳はともかく、健康とともに若く美しくありたいという美容の面からニンニクの可能性に着目し、研究した結果、さまざまなニンニクの商品が生まれている。こちらもそのひとつと言えるかもしれない。

This entry was posted in 強壮.