美容」カテゴリーアーカイブ

皮膚からの吸収作用

ニンニクの皮膚からの吸収作用については、あまり知られていないが、ニンニクに限らず皮膚の表面の毛孔からは、いろいろなものが毛嚢、脂腺を通って真皮にまで入っていく。

吸収されたものは、毛細血管から全身に運ばれていく。これを経皮吸収という。皮膚の表面は薄い脂肪膜で被われているため、健康な皮膚では、脂溶性のものでなければ吸収されない。

例えば、ビタミンA・D・E、女性ホルモン、そしてタンパク質との親和性が強いニンニク成分というわけである。一般に脂肪分は2分間の摩擦で、約20% の浸透率がある。ニンニク成分の経皮吸収の場合は、50% 以上、皮膚の部位によっては、それ以上の浸透率があるといわれている。
いわゆるニンニクの皮膚からの働きについて紹介すると、ニンニクの有効成分は皮膚タンパク質との親和性が強く、皮膚からの経皮吸収に優れるとの特性があることか、次のような働きと効用がある。

  1. 血液循環を促進し、皮膚細胞の新陳代謝を活発にする。老廃物を押し出し、排泄作用を促進する。シミ、小ジワ、ニキビ、アレルギー肌、アトピー、ひび、あかぎれ、しもやけ、洗剤荒れ。
  2. 皮膚の角化作用を促進すると同時に、皮膚の細胞交代(ターンオーバー)を順調にする。シミ、小ジワ、ニキビ、アトピー、アレルギー。
  3. シミ、ソバカス、くすみを還元漂白し、美白作用を促す。
  4. メラニン色素をつくる酸化酵素( チロジナーゼ) の働きを不活性化する。紫外線の影響を弱め、日光に対する皮膚の抵抗力を高める。シミ・ソバカスの予防、日焼け予防、日光アレルギー。
  5. 消炎作用を促す。日焼け後の炎症、赤ら顔、皮膚炎、火傷、打ち身、捻挫、虫さされ、耳・鼻・喉などの炎症。
  6. 殺菌・抗菌作用を促す。こキビ、吹き出物、ハタケ、イボ、アトピーの副作用(二次感染)の予防。水虫、痔、切り傷、虫さされ。
  7. 抗駿化作用(活性酸素の働きを抑える)。
  8. ビタミン結合作用。ビタミンと結合し、皮膚に栄養を与え、老化を予防する。小ジワ、タルミ、肌荒れ、サメ肌。
  9. 保湿作用。小ジワ、肌荒れ、乾燥肌、アトピー。
  10. 細胞の自活力を高め、自然治癒力を促す。皮膚機能の向上。

ニンニクの皮膚からの効用については、あまり知られていないが、食用のニンニク同様、幅広い働きがあるというのが、にんにく研究家の見解であり、実際の「にんにく化粧品」の愛用者の声でもあるようだ。ニンニク成分の皮膚からの働きについての科学的な解明は、今後の研究を待つしかないが、やはり民間療法の中で根強い人気があるニンニク風呂、あるいはニンニク灸、ニンニク湿布などは、ニンニクの皮膚からの効用を経験的に知っているためであり、その働きを上手に利用したものだろう。

もちろん皮膚かの吸収をさらに高めるためにはニンニクのサプリの利用も効果的。安全でたくさんの量のニンニクが手に入る人なら毎日、食べるようにすればいい効果的。
たくさん食べる場合には、にんにくの安全性についても意識を向ける。

ちなみに、ニンニクの成分となっているニンニクエキスは、主婦が手づくりで始めたように、誰でもできる。にんにく美容研究家は自ら、いろんなところでニンニクエキスのつくり方を説いてもいる。
化粧品は五感のうち触覚、喚覚、視覚を刺激する。好感情は脳組織から免疫系に影響を与え、これによって皮膚が活性化し、再び脳にフィードバックされて、生体系に好影響を与える。このメカニズムが解明されれば、体も心も生き生きとさせる効果的手段を見出すことも可能になる」と皮膚にとどまらない化粧品の効用と可能性を指摘している。また、ポーラ化粧品でも「化粧品で美しくメーキャップすると、体の免疫力も高まる」ことを科学的に実証したことから、1995年にイタリアで開催された国際化粧品技術社会連盟の学術大会で最優秀賞を受賞するなど、国際的にも高く評価されているという。『にんにく美容健康法』の中で、若野さんも次のように語っている。「美容と一口でいっても、美容の「容には「内容」と「外用」があります。

外容にばかりこだわり、内容のないものには、本当の美しさは感じられません。内面が充実し、豊かであれば、自然と外面も美しさと輝きが現れるのです」化粧品が精神的な安定、心の豊かさにも役立つことは確かであるが、同時に内面からにじみ出る美や教養、若さがあってこそ、真の健康と長寿が手に入るはず。

ニンニク美容法

「元祖無臭にんにく化粧品」を謳う会社は、1974年に設立された。家庭の主婦2人が昔からいわれてきたニンニクの薬効に着目、細々と手づくりで開始した。
きっかけは「塗ってよし、食べてよし」という、何にでも利用できるニンニクエキスを手づくりして、それを自分たちなりに市販のクリームに混ぜたり、ローションに混ぜたり、いろいろ試してみたことからであった。

ニンニクエキスをさらに薄めて、肩こりとか腰痛、水虫など、いろいろなことに使やけどってみたところ、肩も軽くなるし、傷口などもすぐ治ってしまう。
火傷なども火ぶくれにならずに治ってしまった。

そんなニンニクパワーをさらに実感することになつたのは、肌が弱くて市販の化粧品を顔につけると、ブツブツができたりして因っていた主婦の1人が、ニンニクエキスを水で溶いてローション的に使ってみたところ、それまでできていたブツブツが消えて、肌がツルツルときれいになった。ニンニクの良さを確信した彼女は、やはり、ひどいニキビとシミに悩み、ニンニクにたどりついたもう1人の主婦と化粧品づくりを、実験的に行った。製造を委託しているメーカーの技術者にも相談しながら、2年近い試行錯誤の結果できあがったのが「にんにく化粧品」であった。

最近でこそ、ニンニクの薬効は科学的にも証明されてきているが、当初はほとんど何の裏付けもないまま、自分たちの体験と口コミだけが頼りであった。ご近所に声をカ囁らして説明し、買ってもらうというところから事業はスタートした。

家庭の主婦2人が手探り状態の中で始めた「にんにく化粧品」が脚光を浴びる、1つの転機になった。

初めてニンニクエキス入りのクリームを手にした博士は「これを顔につけるのか」と、ビックリしたというニンニクのすり下ろしを足の裏につけて風邪を治す方法を紹介したところ、それを知った読者が幼い子どもに行った結果「子どもの足の裏が腫れ上がり、その痕がただれはなはて大変なことになった。どうしてくれるか。治療費の実費弁償と慰謝料をよこせ!と言われて困ったこともあった。

確かに、ニンニクをすったりつぶしたりすると、生成するアリシンは、殺菌効果が強い半面、皮膚につけたり、食べたりすると、大変な目にあう。
「にんにく化粧品」 のニンニクエキスは長期熟成させることによって、刺激性をなくしたものを使用しているため、特別にニンニクアレルギーがある人以外は安全に使用できるわけだ。

だが、その一件に懲りて以来、「たとえ足の裏でも、こんなことになるのだから、ましてや顔の皮膚に塗るなどとんでもない」と、講演で話したり、雑誌などで書いたりした。

ところが、「にんにく化粧品」なるものを開発した主婦2人は、それを顔に塗って何ら支障がないばかりか、ニキビが治ったり、シミ・ソバカスが薄くなつたり、さらに色が白くなったり、塗った後がすべすべして赤ちゃんの肌のようになるというわけである。

実際に、「自分の生まれたばかりの赤ちゃんの肌に塗って、生まれたままの皮膚の健康を維持した」というのを聞いて、また自分でも試してみて、博士はそれまでの考えを改めるとともに、ニンニクの専門家として彼女たちの相談に乗り、時には指導に当たった。「大学の研究室をお借りして実験したり、いろいろ教えていただきました。そのお陰である程度、科学的に勉強することができました」という。

博士の協力もあって、デパートや全国チェーンの薬局に入ることができて、売上げもあがったほか、いまではクリームやローション、その他ラインナップも進んでいる

ニンニクの薬効について、博士は以下のように指摘している。「このにんにくエキスを肌に塗ると、まず第一にシミを予防できます。皮膚に紫外線が当たると、皮膚の色素細胞であるメラノサイトが刺激され、チロジナーゼという酸化酵素が働いてメラニン色素が作られます。
にんにくの有効成分には、このチロジナーゼの働きを不活性化する働きがあり、メラニンの増加を防ぐのです。また、皮膚は常に新陳代謝をくり返し、古い細胞は角質(硬くなつた皮膚の表面組織) となって、はがれ落ちます。メラニン色素もこうした再生作業により、新しい細胞に押し出されて皮膚から取り除かれます。にんにくは血行をよくして新陳代謝を促すため、このような皮膚の再生も順調に行われます。

また、ニキビやアトピーにも効果があります。これはにんにくの持つ殺菌・抗菌作用消炎作用、血液循環促進作用などによるものだと考えられます。
細胞膜の酸化を防ぐ抗酸化作用も、皮膚のトラブルを予防する大切な働きです。そのほか、にんにくの保温作用が角質層の水分を保ち、肌荒れにも大変有効です」